IMG_7615_edited.jpg

相談支援事業所
me(ミィ)

2名の精神保健福祉士が運営する相談支援事業所です

​※(2021/12/02現在)支援の質を維持するため、新規相談の受付をいったん中止しています。

相談支援事業所 me(ミィ)
概要

私たちの目指すもの

相談支援事業所 me(ミィ)は、障害福祉サービス等の利用プランを作る「計画相談」と、長期入院からの退院をお手伝いする「地域移行支援」を主に行う相談支援事業所です。

精神保健福祉士の夫婦が運営しています。

対話的な関わりによって、一人ひとりが「わたし」でいることを祝福したいと思っています。

事業所名(me ミィ)​は、『ムーミン』に出てくる「リトルミィ」からとりました。

彼女の名は、フィンランド語では「Myy」と書くようです。

ここでは、英語の「わたし」とかけて「me」と表記することにしました。

「me」はまた、フィンランド語では一人称複数(わたしたち)を表します。

(その場合は「メ」と読みます)

実施事業:

指定特定相談支援
指定一般相談支援

​名古屋市指定 2338500222

精神障害者にも対応した地域包括ケアシステムの構築推進事業において行われる精神障害者の地域移行関係職員に対する研修を修了した常勤の相談支援専門員を配置しています

IMG_2671_edited.jpg
 

​​スタッフ

竹内桂子(けいこ)

​​竹内桂子

(けいこと呼んでください)

相談支援専門員(常勤)

精神保健福祉士(2006~)

​ODNJPオープンダイアローグトレーニング基礎コース修了(2期生)

「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築推進事業において行われる精神障害者の地域移行関係職員に対する研修」修了

医療法人の運営する地域生活支援センターや、子ども・若者支援センター等で勤務。緑区の地域活動支援センター「しかやま」の初代施設長。好きな言葉は「美味しい、ホッとする、温かい、安心する」。『科捜研の女』が好きです。

竹内冬彦(ふゆひこ)

​​竹内冬彦

(ふゆひこと呼んでください)

管理者/相談支援専門員

精神保健福祉士(2006~)

ODNJP オープンダイアローグトレーニング基礎コース修了(2期生)

​DPI 未来語りダイアローグ ファシリテーター養成研修2期生

​精神科病院系列の相談支援事業所でキャリアをスタート、同時並行でジョブコーチ(IPS)・居住支援・地域移行支援・ピアサポート支援等にも従事。基幹相談支援センター・ひきこもり家族会・作業所での実務経験あり。IKEAが好き。観る将(ぴよ将棋3級)。

IMG_8193.JPG

​​相談スペース

お話をする場所

大体のものはIKEAとダイソーで揃えました。

 

​​みなさまへ

医師と患者

地域での連携先をお探しの医師・PSW・サービス管理責任者の皆様へ

友達同士でコーヒーブレイク

ご相談先をお探しの
当事者・ご家族の方へ

ボランティアグループ

​地域生活を支えるサービスの担い手の皆様へ

​​病院・施設の外での生活を支えます

​病院や施設の皆様が回復(リカバリー)の土台をしっかりと支えてくださっていることに、あらためて「ありがとうございます」をお伝えしたい気持ちです。皆さんのご尽力の成果が、地域に移ることをきっかけに台無しにならないようにバトンを受けることが、私たち地域側の相談支援の役割だと思っています。皆さんの大切なクライエントさんを、地域に”お迎え”するにあたり、退院等が視野に入ったごく早期から関わらせていただきたいと思っています。ケア会議など、どうぞお気軽にお声がけください。

​​あなたとのご縁を待っています

​このページに辿り着き、読んでくださってありがとうございます。「いつ・誰に・何のことでしたらいいか分かりづらい」のが相談支援の使いづらさかもしれません。私たちには「あなたのタイミングで、ご相談内容がまとまっていない段階から、何でもまるっと」相談していただくことができます。そこで対話的な相談を重ねながら、あなたは、あなたの暮らしをお手伝いし願いを実現するのを手伝ってくれる、様々な人との出会いへと、自然に開かれていくことでしょう。

​​よろしくお願いします

​訪問看護・ヘルパー事業所・就労系や居場所系の事業所・その他地域のあらゆる皆様は、障がい福祉サービスを利用される方々の暮らしを現在進行形で支えてくださっています。皆さんが「共に暮す」を体現してくださっているこの街で、私たちも、新たな地域資源として、皆さんと共に当事者やご家族の安寧に貢献したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

​​運営法人について

​合同会社 mina(ミーナ)

【代表社員】

竹内冬彦 ・ 竹内桂子

​【設立日】

令和2年8月6日

【会社所在地】

名古屋市緑区境松二丁目341番地 ヤマサマンション302

電話番号:090-6619-5470

FAX:052-308-8715

相談支援事業所 meを立ち上げるため、二人で設立しました。

「minä」はフィンランド語で「わたし」の意。

私たちは、リカバリーは「わたし=minäになること」だと思っています。

 
P7120792%2520(2)_edited_edited.jpg

オープンダイアローグ夫婦のダイアロジカル生活ラボ(旧・相談室おうち)

​2018年夏、オープンダイアローグを用いた ”どこでも何でも相談室" を夫婦でスタートしたのが mina のルーツです。

IMG_8897.JPG

​​オープンダイアローグや対話的な支援実践を広めたい

​​勉強会やエバンジェリスト活動をしています。

IMG_4440.JPG

「わたしでいる」を、祝福する。

 

​相談に「早すぎる」ことはないです。

相談内容はまとまっていなくて大丈夫です。いまお困りなのですから、それで自然です。

メール・電話・FAX・フォームの中から、あなたのいちばんご都合のいい方法をお選びくださいね。

(このフォームでは、ご送信いただいたあと「送信完了お知らせメール」はお手元に届きません。万が一、24時間以内に私たちからの返事がない場合は、お手数ですがフォーム以外の手段で再度ご連絡くださいますようお願いいたします。)

458-0820 名古屋市緑区境松二丁目341番地 ヤマサマンション302

メールで mail@mina4recovery.com

お電話で 090-6619-5470(月火木金10-18時)

FAXで 052-308-8715

​※(2021/12/02現在)支援の質を維持するため、新規のご相談の受付をいったん中止しています。

送信が完了しました。